第1回*蝶の擬人化プロジェクト

私はここ5年くらい、平均より少しだけ

蝶を見つめることが多い生活を送っている

その中で蝶を女の子と結びつけてしまうことがしばしば

そこで

”蝶の擬人化プロジェクト”

を10年計画で考えている

私がけものフレンズの存在に気づく前から考えていたことであることは

同じ擬人化として言っておきたい

そもそも”蝶の擬人化プロジェクト”とは・・・

ただ、タイプ、見た目別に(主に職業や趣味嗜好)女の子と蝶を私の独断と偏見で結びつけよう

と言うブロジェクトである

例えば

アゲハチョウ科

この科は大型で派手なチョウが多い

私はこの子たちにとても見た目の努力を感じる

頑張って頑張って派手に装い、綺麗にしているんだと感じる

これを踏まえて考えると、私の中で

キャバ嬢をしている女の子が浮かんでくる

中身はわからないが、見た目を着飾ることで綺麗に見せる努力をしていると感じる

一方で

シロチョウ科

この科に代表されるモンシロチョウは、実は私のあまり好きでない蝶の一つである

なぜなら、自分の可愛さをわかっているような気がするから

あの色合い、サイズ感

あの子たちからは

「私、かわいいでしょ?」

と聞こえてくる

職業で言うと、保育士さんやメイド喫茶で御給仕するメイドさんに多い見た目の女の子

と、まあこんな感じでチョウと女の子を結びつけていきたいと思っている

それが私の

”蝶の擬人化プロジェクト”

日本国内のチョウと結びつけるのは現実的ではないので

コンプリートしようとは思っていないが、せめて科ごとに女の子をグループ化できるといいな

と思っております

最後に、このプロジェクトは主にその職業や趣味嗜好に多そうな見た目とチョウの形態を私の感性で結びつけています

同じ職業であっても、女の子によって性格は違うはずです

あくまでも「似た見た目」くらいに思ってください